5G(次世代無線通信)がもたらす環境の変化

次世代の超高速無線通信「第5世代(5G)」の開発が加速しています。5Gとはデータ通信などに用いる国際規格で、現在の規格4Gの次に適用される予定になっており、4Gの10~100倍の高速通信が可能です。画質の美しさもよくなり、従来実現できなかったサービスが可能になるため、
新たなビジネスチャンスの宝庫にもなりそう。

日本のほかにも、米国、欧州、中国、韓国が2020年の実用化を目途に開発を進めており、日本国内ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が実証実験をはじめています。

新技術のなかでも、立体映像の分野が期待されている理由は、通信速度が速くなったことで、3次元映像がインターネットで楽しめるようになるからです。たとえば、専用のヘッドセットを装着することで、スポーツ選手やアイドルを間近で見ているような体験が可能になったり、オリンピックのサッカーならば、あたかも自分が試合会場のピッチ付近に立っているような体験ができ、選手がすぐ横を走り抜けるといった立体映像を楽しむこともできるようです。また、映像の歌手と一緒にダンスを踊ったり、間近で歌を聴くといった、テレビにはないネットでの映像コンテンツが実現可能になります

ほかにも、VR(バーチャルリアリティ)で月面旅行を楽しめたり、スマホで冷蔵庫の中身をスーパーから確認できるなどなど、さまざまなことが可能になります。また、バスの自動運転や工事で用いる建機の遠隔操作、医療分野では遠隔治療など、新市場の創出、拡充に期待が高まっています。

このような5Gの実用化により生まれる新市場は130兆円という試算もあり期待が集まりそう。このように、5Gの実用化で生活は便利になり、3次元映像の実現、スマホなどのコンテンツは魅力を増すことになりますが、一方で、テレビ離れに拍車がかかるかもしれず「三種の神器(電化)」の顔ぶれは、一層交代の兆しと言えそうです。

記事提供者:(株)税務研究会